• HOME>
  • EO MEDIA>
  • 「プロシェアリングで社会課題を解決する」ソーシャルデベロップメントプロジェクト【株式会社サーキュレーション】

EO MEDIA

活動内容や取り組みなど、
EO Tokyoの“いま”を発信するメディア

ESGへの取り組み

2020.06.02

「プロシェアリングで社会課題を解決する」ソーシャルデベロップメントプロジェクト【株式会社サーキュレーション】

【プロジェクト背景】
今まさに、世界と経済、人の価値観が大きく揺れ動き 
競争から共創、分断から分配、非環境再生的から環境再生的な経済のあり方へと
社会を再構築する時を迎えています。
サーキュレーションは、日本の経済発展における課題や世界の格差によって生じる不平等・不条理を解決したいという思いから
「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」というビジョンを掲げています。
未来を見据えた事業活動を行う上で、SDGsやESGの考え方に共感し
ビジネスと社会課題の解決を両立させた経営体制を構築したいと考え、
「プロシェアリングで社会課題解決をする仕組みをつくる」ソーシャルデベロップメントプロジェクトを設立しました。

【プロジェクト概要】
①ソリューション:社会課題を解決する
・専門家向けSDGs推進リカレントプログラム実施
・クライアント企業様に対する、SDGs/ESG対応/サスティナビリティ推進支援
 
②サービス:協業し価値を生み出す
・NPO、公益法人、ソーシャルビジネス事業者に向けたプロフェッショナル人材によるプロボノ支援
・各自治体へのプロシェアリングによる地方創生支援
・共創による社会課題解決・価値創出を目指す官公庁との連携
③インテグレーション:経営に統合する
・持続可能な社会の実現に向けた自社のサステナビリティ経営会議
・SDGsやESGへの取り組みの検討・実行・発信
 
〈Webサイト URL〉
『SOCIAL DEVELOPMENT by CIRCULATION』
https://social-development.circu.co.jp/
【活動紹介】
Ⅰ.SDGs推進/サステナビリティ経営支援「re:Think! SUSTAINABILITY」
▽re:Think! SUSTAINABILITY(リ:シンク!サステナビリティ)とは
SDGs推進を「既存事業とSDGs項目のラベル貼り」で終わらせない、日本企業の一社一社が持続可能な経営へと変革するための
パートナーとして、企業のSDGs推進/ESG対応を加速させるご支援を実施しています。
出会っていくお客様一社一社にサステナビリティの観点を問いかけ、共に考え、共に変革し続けます。
▽ご支援実績
大手ネット広告代理店、大手金融総合リース、Webサービス上場ベンチャー、
中堅物流企業、教育系ベンチャー企業など上場ベンチャー、中小〜中堅上場企業を中心に支援実績多数

Ⅱ.セクターを超えた社会課題解決支援「Probono Sharing」
▽Probono Sharing(プロボノシェアリング)とは
NPO法人、一般社団法人、ソーシャル事業社に対し、プロの知見をシェアすることで社会課題の解決を促進する取り組みです。
リソース不足などの理由から、継続的な事業づくりや組織づくりが行いづらいというソーシャルセクター の共通課題に対し、
外部人材の導入コストやマネジメントコストを回避した状態で、必要なビジネスノウハウを取り入れることが可能となります。
セクターを超えた連携により、社会課題解決に向けたプロジェクトを加速するご支援を実施しています。
▽ご支援/募集実績
・一般社団法人リバースプロジェクト、鹿児島県大崎町協同プロジェクト様、公益社団法人日本プロサッカーリーグ様、
NPO法人かものはしプロジェクト様、スリール株式会社様他複数

活動開始時期 2019年9月
株式会社サーキュレーション        
久保田雅俊        
 http://www.circu.co.jp/        
「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」というビジョンのもと、外部プロ人材の経験・
知見を複数の企業で活用するプロシェアリングサービスを運営しています。高い専門性を有
するプロ人材の経験・知見をプロジェクトベースで活用頂くことで、 企業の抱える課題の解決、
ミッションの達成を支援します。
15,000名以上のプロ人材のリソースから、企業の経営課題・業界・成長フェーズ・社風・
経営における理念・思想を鑑み、企業に最適なプロ人材を選出、課題解決プロジェクトチーム
を組成します。登録している20代から70代のプロフェッショナル人材は、対面でのインタビュー
(及び電話/skype)を実施し、独自の人材アセスメントにより、スキル・経験・志向性・人物
について適正な評価・知見を蓄積しています。2014年設立以来、
累積受注案件数6,322件、取引先2,126社を数えます。(2020年6月1日時点)

この記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事