• HOME>
  • EO MEDIA>
  • 石けんは、地球を救う 子どもたちに届ける水100トンチャレンジ【株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン】

EO MEDIA

活動内容や取り組みなど、
EO Tokyoの“いま”を発信するメディア

ESGへの取り組み

2020.06.08

石けんは、地球を救う 子どもたちに届ける水100トンチャレンジ【株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン】

昨今、新型コロナウィルスの影響により、水と衛生環境への関心が高まっています。
世界中では30億人が日常的に手洗い設備を使うことができないと言われており、衛生的ではない水が原因で、命や健康を損ねる子どもたちがいます。
スキンケアメーカーP.G.C.D.では、社会的責任目標「人も地球も美しく。」を掲げ、売上の1%をESGとSDGsに関わる活動に費やしています。
 
■プロジェクト概要
【1】「子どもたちに届ける水100トンチャレンジ」
2020年1月から6月実施された「子どもたちに届ける水100トンチャレンジ」では、石鹸1個購入毎に、インドの子どもたちへ水30ℓ分の支援を実施。対象商品は、「クレンジング不要の洗顔石鹸」と「リンス不要の石鹸シャンプー」の2商品。使うことで「商品製造・すすぎ・排水の浄化・ゴミの分解」に繋がる、水やマイクロプラスチックなどの環境問題改善にも貢献する商品です。
本企画は当初目標「水100トン相当」に対し、約半年で石鹸28,000個分、水換算で「水847トン相当」の支援を達成。最終的には認定NPO法人ウォーターエイドジャパンを通じて、インドの衛⽣的な⽔を確保できない地域の⼦どもたちのために、湧き⽔を利⽤した給⽔設備を設置予定です。

【2】「シェアして届ける水100トンチャレンジ」
SNS(Instagram、Twitter)での「水の画像投稿」が寄付に繋がるキャンペーン。集まった投稿数に応じて、安全な水が手に入れられない子ども達へ、浄水剤の寄付を(公財)日本ユニセフ協会を通じて行います。
本企画では、4ヵ月半で約5,000件の画像投稿をいただきました。投稿件数に応じ、安全な水が手に入れられない子ども達へ、水80トン分相当の浄水剤(20,000錠)を(公財)日本ユニセフ協会を通じて寄付します。
 
 

■社名
株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン
 
■代表者名
代表取締役 Founder CEO 野田 泰平
 
■URL
https://www.pgcd.co.jp/
 
■会社概要
高品質な石鹸を中心としたシンプルケアを提唱するスキンケアメーカー。オンライン中心の直販で商品を販売。ブランドの主力は「洗う」「潤す」の2ステップで完結するスキンケアと、リンス不要の石鹸シャンプーを中心とするスカルプケア。主力商品は、フランスのコスメの祭典ヴィクトワール賞を受賞(2013年〜2016年の各年で受賞)、日本のグッドデザイン賞を受賞(2013年金賞、2019年入賞)するなど、品質・デザイン面において高い評価を受けている。
創業以来、ゴミを出さず自然に還りやすい「石鹸」にこだわり続けており、近年では社会的責任目標に「人も地球も美しく。」を掲げ、「私たちが作るもの」「私たちが在り続けること」自体で、地球や社会に貢献することを目指している。
 
■ESG活動のプロジェクト名
「石けんは、地球を救う 子どもたちに届ける水100トンチャレンジ(第1弾、第2弾)」
「石けんは、地球を救う シェアして届ける水100トンチャレンジ」
 
■活動開始時期
・「子どもたちに届ける水100トンチャレンジ」
2020年1月18日〜6月30日
 
・「シェアして届ける水100トンチャレンジ」
2020年2月14日〜2020年6月30日
 
■ESG活動プロジェクトのURL
https://www.jbig.com/action/soap2001/
https://www.jbig.com/action/share2002/
 
■メディア紹介
1)日本経済新聞社「日経MJ」5月1日付
→最終面の「いち早Check」コーナーにて、『せっけん購入で国際支援』のタイトルで、「子どもたちに届ける水100トンチャレンジ」の取り組みを紹介。
 
2)日本敎育新聞社「週刊敎育資料」5月25日付
→巻頭にて、代表 野田のインタビュー記事を掲載。弊社の社会的責任目標「人も地球も美しく」とともに、「水100トンチャレンジ」に関する2つの取り組みと、その活動に至った経緯も紹介。
 

この記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事