メンターシッププログラムとは

企業経営はその成長ステージや経営ステージによって様々な課題や超えるべきハードルが存在します。
一方で、その経営ステージはスタートアップステージやIPOステージや拡大ステージなど、俯瞰してみると先輩経営者が辿ってきたステージを次の後輩経営者が辿っていくように、同じ道や同じ課題を経験する事が多い傾向があるものです。

EOではその経験なナレッジを厳格なルールに定められた上で、メンター(相談を受ける先輩経営者)とメンティ(相談をする後輩経営者)が一対一でその経験をシェアしながら、年代や世代を超えた経営者同士の縦の関係構築を支援するメンターシッププログラムを新たに導入しています。

メンターシップ
プログラムの流れ

  • 1 メンバー募集
  • 2 応募・面接
  • 3 ペア決定
  • 4 メンターシップトレーニング
  • 5 目標設定
  • 6 コーチング
  • 7 振り返りプログラム終了
  • 8 EO・EOメンバーへのシェアや価値還元

メンター・メンティ、
双方のメリット

メンターには自社の未来のCOO育成などに役立つような「コーチングスキルの習得」や「貢献する事の素晴らしさの再発見」というメリットを享受したり、メンティには「期間限定の外部コーチ」や「良き先輩経営者の相談や知見の獲得」などを享受できるというメリットがあります。

年代を超えて貢献し合う事の
素晴らしさ

メンターシッププログラムはそんな創業経営者の経験や悩みを世代を超えて信頼できるメンバー同士で共有できるプログラムなのです。
EOではこのメンターシッププログラムを一年完結型で毎年15組選定。
定期的にメンターとメンティとの会合を開催し続けることによって、お互いの信頼関係や成長実感を確認し合いながら経営者個人の人間としての成長を図っています。

またEOでは円滑なメンターシッププログラムの運営のサポートを行うために、メンターシップ理事を中心として各国のメンターシップトレーナーと連携したスペシャルノウハウの習得を実施しながらメンターとメンティのメンバーアサイン、課題解決、成長機会のイベント企画などを行っています。